オハイオ州立大学のJビザ保険条件と健康保険

トピックス

  1. ホーム
  2. トピックス

【#45】オハイオ州立大学のJビザ保険条件と健康保険(J-1 Scholar用)

▼Jビザ保険条件:

 

オハイオ州立大学(Ohio State University)は、米国務省のJ-1 Visa Exchange Visitor Programで規程されているJビザ保険条件をそのまま同大学のJビザ保険条件としております。 

 

仮にJ-1交換訪問者が同条件を満たす保険に故意に加入しなかった場合には、交換訪問プログラムが強制的に終了させられる可能性がありますので、これから研究留学される方は充分にご留意ください。

 

 

▼J-1 Scholar用の健康保険:

 

米国務省のJビザ保険条件をクリアできる保険であれば、どの保険会社で加入しても可としております。

 

その上で、同保険条件をクリアできる保険として、The Gallagher Accident and Sickness Plan (Gallagher A&S) を案内しております。

 

Gallagher A&Sの最大の特長は、米国で主流のPPOやHMOとは違い、利用する医療機関によって給付条件に差を付けたり、利用できる医療機関を限定していません。つまり、どの医療機関でも同じ条件で利用できようになっているのですが、問題が一つあります。利用する医療機関がすべて非提携医療機関の扱いになるということです。

 

Gallagher A&Sのパンフレットに以下の記載があります。

 

Medical Expense Benefits are only payable for Usual and Customary Charges.

 

医療実費がUsual and Customary ChargesU&C:保険給付基準額)を超えた場合に、その超過部分は自己負担になります。

 

U&Cは、一般的にはPPOプランで非提携医療機関利用時に設定される条件です。医療費が高額な米国では、医療実費とU&Cとの差額がそれなりの金額になる恐れがあります。

 

 

▼ご提供可能な比較表:

 

オハイオ州立大学のJビザ保険条件比較表
オハイオ州立大学のGallagher A&Sとの比較表 

 

※JALファミリークラブ海外赴任者総合保障制度(海外旅行保険部分)と比較しています。当ホームページから資料請求を頂けましたら無料でご提供いたします。

PAGE TOP