NAVIGATION

Jビザ用米国民間医療保険の解説 GeoBlue Navigator Health Plan

  1. ホーム
  2. トピックス

トピックス

2020.12.28

【504】Jビザ用米国民間医療保険の解説:GeoBlue Navigator Health Plan


GeoBlue Navigator Health Planは、複数の米国大学がJ-1 ExchangeVisitorに案内している米国民間医療保険です。

 


▼概要:

 

・引受保険会社: 4 Ever Life International Limited

 

・保険管理会社: GeoBlue

 

・保険タイプ: PPOタイプ

 

 ※提携医療機関利用時(提携)と非提携医療機関利用時(非提携)で給付・自己負担条件が異なります。

 

・補償限度額(年間): 無制限

 

・免責金額(年間): $0、$250、$500、$1,000、$2,500、$5,000より選択

 

・自己負担割合:

 

 【提携】    20%(80%カバー)
 【非提携】 40%(60%カバー)

 

・保険給付対象額:

 

 【提携】 Negotiated Rate(保険給付協定額)として全額が保険給付の対象となります。 

 

 【非提携】 GeoBlueがUsual & Customary(U&C)基準で妥当と判断した金額が保険給付対象額になります。仮に、医療費とU&C基準額との差額が発生した場合は、免責金額や自己負担割合とは別枠で自己負担となります。

 

・既往症: 保険に加入してから365日間経過後、カバーされるようになります。

 

・妊娠出産費用: カバーされません。 

 

・Repatriation of Remains: $25,000までカバーされます。

 

・Medical Evacuation: $250,000までカバーされます。

 

・保険料: 例えば、本人+配偶者+子供(2名)の保険料は、$13,056/年(2020年)です。

 

 ※夫婦共に30才台で、免責金額:$250を選択した場合です。

 


▼ここに注目! 

 

★ 提携医療機関と非提携医療機関で給付条件が異なり、非提携医療機関で受診すると医療費の全額がカバーされずに自己負担額が多くなりますので要注意です。 


仮に非提携医療機関で医療サービスを受けた場合の自己負担は以下のようになります。 

 

 ①免責金額まで保険が使えないので、自己負担になります。($0以外の免責金額を選択した場合) 

 

 ②免責金額を超えた医療費のうち、U&C基準で査定された金額が保険給付対象額となり、医療費請求額とU&C基準額との差額は自己負担になります。 

 

 ③U&C基準額の40%が自己負担になります。 

 


【情報ソース】

 

 GeoBlue Navigator Health Plan

 

photo: ダミー