コロラド大学ボルダー校のJビザ保険条件と健康保険(2017年-18年)

トピックス

  1. ホーム
  2. トピックス

【126】コロラド大学ボルダー校のJビザ保険条件と健康保険(2017年‐18年)

▼Jビザ保険条件:

 

コロラド大学ボルダー校(University of Colorado, Boulder)はJ-1交換訪問者と同行家族に対して、以下の8項目の保険条件を提示しております。

 

医療費$100,000/1名・1事故・1疾病以上
免責金額$500/1事故・1疾病以下
遺体本国送還費用$25,000以上
医療本国搬送費用$50,000以上
自己負担割合25%以下
既往症の待機期間現在の保険業界で妥当な期間であれば設定しても可
交換訪問プログラム特有のリスクカバーすること
引受保険会社の格付けA.M. Best Ratingで「A⁻以上」など

 

※上記保険条件は、下記コロラド大学ボルダー校のWEBサイトの記載内容を基にまとめています。

https://www.colorado.edu/isss/scholar-resources/visa-options-working-cu/j-1-overview/j-1-health-insurance

 

なお、コロラド大学ボルダー校は、J-1交換訪問者に対して、上記保険条件を満たす保険への加入を証するInsurance Compliance Form(誓約書)の提出を求めています。

 

仮にJ-1交換訪問者が同条件を満たす保険に故意に加入しなかった場合には、交換訪問プログラムが強制的に終了させられる可能性がありますので、これから研究留学される方は充分にご留意ください。

 

 

▼J-1 Scholar用の健康保険:

 

同大学の職員用の健康保険への加入資格のないJ-1 Scholarは、上記保険条件を満たす保険に本国から加入してくるか、米国にて民間の保険プランに加入するように指示しています。ちなみに、同大学のWEBサイトでは、情報提供として複数の民間の保険ブローカー*のWEBサイトのURLを案内していおります。

 

 *主な民間保険ブローカー:CMI Insurance、Compass Benefits、CISI、Gateway、HTH Worldwide、IMG、International Student Insurance、Seven Corners、Trawick International、VISIT

 

 

▼職員用の健康保険:

 

コロラド大学ボルダー校は、職員用の健康保険として以下の4種類のCU Health Planを用意しており、年間保険料(夫婦+子供4名)は以下になります。

 

Exclusive (HMO):$2,586.00
Extended (PPO):$3,498.00
High Deductible (PPO):$228.00
Kaiser (EPO):$4,242.00

 

同健康保険が有効になるまでの期間、短期の保険に加入するよう指示されています。職員用の健康保険の開始日は毎月1日となっていますので、例えば、職員の登録日が2日以降の場合、翌月の1日までの期間については短期の保険に加入する必要があります。

 

なお、職員用の健康保険にはJビザ保険条件のEvacuation and Repatriation(本国医療搬送費用および遺体本国送還費用)補償が含まれていないので、別途同補償をカバーする専用保険へ加入する必要があります。

 

 

▼ご提供可能な比較表:

 

コロラド大学ボルダー校のJビザ保険条件比較表

4種類の職員用健康保険(CU Health Plan)との比較表
J-1 Scholar用に案内されている民間保険プランとの比較表(ご提供できないプランもあります。)
 

※JALファミリークラブ海外赴任者総合保障制度(海外旅行保険部分)と比較しています。当ホームページから資料請求を頂けましたら無料でご提供いたします。


PAGE TOP