ハーバード大学のFビザ(MBA、LLM留学)の保険Waiver条件と健康保険情報

トピックス

  1. ホーム
  2. トピックス

【156】ハーバード大学のFビザ(MBA、LLM留学)保険情報(2017年-18年)

▼F-1ビザ学生用保険のWaiver条件:

 

ハーバード大学(Harvard University)は、F-1ビザ学生(MBA、LLM留学等)に対して、「Student Health Fee」と「Student Health Insurance Plan」をセットにしたHarvard University Student Health ProgramHUSHP)への加入を義務付けています。(家族は任意加入ベースです。)

 

その上で、HUSHPのWaiver(加入免除)条件として以下の15項目の条件が提示されており、全条件をクリアできる保険に加入した場合のみ、HUSHPへの加入が免除されます。

 

マサチューセッツ州の保険条件(5項目)
大学の独自条件(10項目)

 

大学の独自条件の中に「待機期間の条件設定なく、既往症をカバーすること」という条件が含まれており、既往症を無条件でカバーする保険でなければWaiverが認められないようになっています。

 

※上記Waiver条件は、下記ハーバード大学のWEBサイトの記載内容をもとにまとめています。
https://hushp.harvard.edu/waiver-checklist

 


▼F-1ビザ学生用の健康保険:

 

F-1ビザ学生用のStudent Health Insurance PlanはPPOプランで、利用する医療機関で給付条件が異なります。非提携医療機関を利用すると自己負担が多くなるようになっています。

 

例えば、自己負担割合は以下になります。

 

提携医療機関利用時0%
非提携医療機関利用時30%

 

また年間保険料は、例えば夫婦+子供(2名)で$16,430となります。

 

 

▼ご提供可能な比較表:

 

当ホームページから資料請求を頂けましたら以下の比較表を無料でご提供いたします。

 

ハーバード大学のF-1ビザ学生用保険のWaiver条件比較表
ハーバード大学のF-1ビザ学生用健康保険(HUSHP)との比較表

 

Waiver条件比較表では、JALファミリークラブ海外赴任者総合保障制度による条件クリアの可否を表示しています。

 

健康保険の比較表では、自己負担条件、利用可能な医療機関、保険料等について、JALファミリークラブ海外赴任者総合保障制度と比較しています。


PAGE TOP