在外研究(サバティカル)で必要な保険

トピックス

  1. ホーム
  2. トピックス

【196】在外研究(サバティカル)留学で必要な保険

J-1ビザで在外研究(サバティカル)のため米国大学に留学される場合に必要となる保険としては、以下の3種類の保険が考えられます。

 

医療保険
自動車保険
借家人賠償責任保険

 

 

【医療保険】

 

先ず、赴任先の大学のJビザ保険条件を確認する必要があります。Jビザ保険条件は大学によって異なります。これは、国務省のJ-1 Visa Exchange Visitor Programで規定している保険条件のガイドラインを基に、各大学が独自にJビザ保険条件を設定しているためです。

 

グローバルプロテクションでは、ご赴任先の米国大学のJビザ保険条件を確認した上で、同条件をクリアできる保険プランのご提案を差し上げております。また、ご要望に応じてJビザ保険条件対応用の英文保険加入証明書をご用意させていただきます。

 

 

【自動車保険】

 

米国での研究・留学には自動車は欠かせません。グローバルプロテクションでご提供するJALファミリークラブ海外赴任者総合保障制度には、米国自動車保険紹介サービスが自動付帯されています。現地日本人スタッフが自動車保険の見積りから申込みまでご対応いたします。

 

更に、JALファミリークラブ海外赴任者総合保障制度では、2億円個人包括賠償責任(通称、アンブレラ保険)が用意されています。米国の自動車保険の賠償限度額は日本と違って賠償補償額が低く抑えられていますので、2億円の超過賠償補償の存在は心強い存在と言えましょう。

 

 

【借家人賠償責任保険】

 

米国で借家を契約する際には、レンターズ保険の加入を要求されます。レンターズ保険は、主として以下の補償から構成されています。

 

第三者に対する個人賠償責任補償
大家さんに対する借家人賠償責任補償

 

JALファミリークラブ海外赴任者総合保障制度は、上記2種類の賠償責任補償をカバーします。但し、大家さんから要求されるレンターズ保険の条件によっては対応できない場合もあります。


PAGE TOP