J-1研究留学保険-有給ポスドク向けの提案

トピックス

  1. ホーム
  2. トピックス

【194】J-1研究留学保険①-有給ポスドク向けの提案

有給ポスドク(米国大学から給料が支給される方)は、大学の職員用健康保険が自動的に用意されます。但し、以下の点を留意する必要があります。

 

米国大学の職員用健康保険には、国務省がJ-1交換訪問者に加入を義務付けているMedical Evacuation and Repatriation of Remains (MER)補償が含まれていません。大学が、MER専用保険を用意してくれない場合は、自分でMER専用保険に加入する必要があります。

 

米国到着時から大学の職員用保険が有効になるまでの間、無保険になります。大学によっては、その間の繋ぎの短期保険への加入を指示するところもあります。

 


【グローバルプロテクションからの提案】

 

①MER専用保険は、日本では販売されておりません。他方、米国では民間保険会社がMER専用保険を販売しています。グローバルプロテクションでは、ご要望に応じ、大学のJビザ保険条件を満たす民間のMER専用保険情報をご案内いたします。

 

注)グローバルプロテクションとMER専用保険を取り扱う米民間保険会社との取引はございませんので、情報提供としてのご案内となります。

 

 

JALファミリークラブ海外赴任者総合保障制度を活用すれば、米国大学の職員用健康保険が有効になるまでの「繋ぎの保険」の手配が可能となります。 


<繋ぎの保険の手配の仕方> 

 

▼JALファミリークラブ海外赴任者総合保障制度の基本プランとオプションプランに加入する。

 

▼大学の健康保険が有効になった時点で、基本プランはそのまま継続しオプションプランのみ解約する。

 

▼オプションプランの解約保険料を受け取る。

 

※グローバルプロテクションでは、当ホームページから資料請求をされた方に、無料でオプションプランの解約保険料の試算をご提示させていただきます。


PAGE TOP