Jビザ用米国民間医療保険の解説 INSUBUYのExchangeGuard

Q&Aキーワード検索
資料請求はこちら

トピックス

  1. ホーム
  2. トピックス

【511】Jビザ用米国民間医療保険の解説:INSUBUYのExchangeGuard


INSUBUYExchangeGuardは、複数の米国大学がJ-1 Exchange Visitorに案内している米国民間医療保険です。

 

ExchangeGuardには、ChoiceとEssentialの2種類の保険プランがありますが、既往症の待機期間が以下のように異なる他は、補償内容は同じです。

 

 【Choice】      6ヵ月間
 【Essential】 12ヵ月間

 


▼概要:

 

・引受保険会社: Tokio Marine HCC

 

・保険管理会社: Tokio Marine HCC MIS Group

 

・保険タイプ: PPOタイプ

 

 ※提携医療機関利用時(提携)と非提携医療機関利用時(非提携)で給付・自己負担条件が異なります。

 

・補償限度額(生涯*): $100,000、$250,000、$500,000より選択 (ChoiceとEssential共通)

 

 *生涯限度額:当プランに複数回加入した場合の通算限度額

 

・免責金額(年間): 下記①か②のいずれかを選択できます。 (ChoiceとEssential共通)

 

 ① $0、$250、$500/保険期間
 ② $100/1事故・1疾病

 

・自己負担割合: (ChoiceとEssential共通)

 

 【提携】 下記①か②のいずれかを選択できます。


  ① 20%(80%カバー)
  ② 0%(100%カバー)

 

 【非提携】 $0から補償限度額まで:0%

 

・保険給付対象額: (ChoiceとEssential共通)

 

 【提携】 Eligible Expenses(保険給付協定額)として医療費請求額の全額が保険給付対象額になります。

 

 【非提携】 保険管理会社がUsual, Reasonable and Customary Charges(URC)基準に照らして妥当と判断した金額となります。仮に、医療費がURC基準額を超過した場合には、DeductibleやCo-insuranceとは別枠で自己負担となります。


・既往症: 以下の待機期間経過後に$500/保険年間までカバーされます。

 

 【Choice】 6ヵ月間
 【Essential】 12ヵ月間

 

・妊娠出産費用: カバーされません。(Choice、Essential共通)

 

・Repatriation of Remains: 医療費の補償限度額までカバーされます。 (ChoiceとEssential共通)

 

・Medical Evacuation: $1,000,000までカバーされます。  (ChoiceとEssential共通)

 

・保険料(例えば、本人+配偶者+子供2名の場合)

 

 【Choice】    $4,146.40/年(2020年)
 【Essential】 $4,818.00/年(2020年)

 

 ※上記保険料は夫婦共に30才から39才で、補償限度額:$500,000、免責金額:$0、自己負担割合:0%を選択した場合です。

 


▼ここに注目!

 

非提携医療機関利用時の自己負担割合が0%となっておりますが、非提携医療機関利用時の医療費が全額カバーされるということではなく、URC基準額の100%がカバーされるということになります。医療費の高い米国では、医療費とURC基準額との差額は相当な自己負担になる可能性がありますので、注意が必要です。

 

$100/1事故・1疾病の免責金額を選択した場合、風邪やちょっとした発熱で医師の診察を受けるたびに$100まで保険が使えません。診察頻度の高い小さなお子様を同行される方には不向きでしょう。 

 


【情報ソース】

 

 INSUBUYのExchangeGuard

 


PAGE TOP