マサチューセッツ工科大学(MIT)のJビザ保険条件と健康保険(2019年 -20年)

トピックス

  1. ホーム
  2. トピックス

【354】マサチューセッツ工科大学(MIT)のJビザ保険情報(2019年‐20年)


注) 米国の大学・研究機関は、Jビザ保険条件および健康保険を随時見直しています。最新情報は、グローバルプロテクションまでお問い合わせください。

 

▼Jビザ保険条件:

 

マサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of Technology:MIT)は、J-1 Exchange VisitorおよびJ-2同行家族に対して、以下の5項目の保険条件を満たす保険への加入を義務付けています。

  

医療費$100,000/1事故・1疾病以上
Repatriation of remains$25,000
Medical evacuation$50,000
免責金額$500/1事故・1疾病以下
自己負担割合25%以内

 

同大学は、DS-2019申請時とMIT到着時に、Statement of Compliance with Exchange Visitor Health Insurance Requirementsの提出を求めています。

 

J-1 Exchange Visitorに個別に提示される誓約書等によっては、異なる保険条件が設定される場合もありますのでご留意ください。

 


▼有給ポジション用の保険:  

 

有給ポジションのJ-1交換訪問者には、以下の職員用健康保険(HMOプラン)が用意されています。

 

MIT Traditional Health Plan
MIT Choice Plan

 

職員用健康保険には上記プランの他にMIT High Deductible Health Plan(PPOプラン)もありますが、免責金額が$1,500/提携医療機関利用時とJビザ保険条件($500以下)を満たしていないので、J-1交換訪問者は加入不可とされています。

 


▼無給ポジション用の保険:

 

無給ポジションのAffiliateには、MIT Affiliate Medical Plan(大学構内の診療所を自己負担なしに利用できるプラン)と、その補完を目的としたMIT Affiliate Extended Insurance Planがセットで用意されています。

 

なお、MITの保険以外を選択する場合は、上記Jビザ保険条件およびマサチューセッツ州のMinimum Creditable Coverage(MCC:保険条件)*を満たす必要があるとしています。

 

*マサチューセッツ州では、18歳以上の全ての居住者に同州のMCC条件を満たす保険への加入を義務づけています。MCCには、予防医療サービスの免責金額適用なしでのカバー等が含まれています。

 


▼ご提供可能な比較表:

 

当ホームページから資料請求を頂けましたら、下記比較表を無料でご提供いたします。

 

MITのJビザ保険条件比較表
上記2種類の職員用の健康保険の比較表
MIT Affiliate/Affiliate Extended Planの比較表

 

Jビザ保険条件比較表では、国務省の条件を併記すると共に、JALファミリークラブ海外赴任者総合保障制度による条件クリアの可否〔〇:ほぼOK、△:可能性あり、✕:難しい〕を表示しています。

 

健康保険の比較表では、自己負担条件、利用可能な医療機関、保険料等について、JALファミリークラブ海外赴任者総合保障制度と比較しています。

 


【情報ソース】

 

・Jビザ保険情報:
http://web.mit.edu/scholars/intlscholars/healthinsurance/j1requirements.html

 

・職員用健康保険:
https://medical.mit.edu/forms-documents/employees

 

・MIT Affiliate/Affiliate Extended Plan:
https://medical.mit.edu/learn-about-health-plans/mit-affiliate-health-plans

 

・マサチューセッツ州のMinimum Creditable Coverage:
https://www.mass.gov/info-details/health-care-reform-for-individuals#minimum-creditable-coverage-(mcc)-

 


PAGE TOP