1. ホーム
  2. トピックス

トピックス

【#93】保障制度活用法① 留学先の健康保険が有効になるまでの「つなぎの保険」(2017.09.05)


一般的に、ポスドク(有給ポジション)でアメリカの大学に赴任される場合、大学から職員用の健康保険が用意されます。但し、渡米日から大学の健康保険が有効になるまでに、数日から1か月前後のタイムラグが発生することがあり、この期間は無保険状態となってしまいます。大学によっては、大学の健康保険が有効になるまでの間を、短期の海外旅行保険に加入するように指示しているところもあります。

 

弊社でご提供する海外赴任者総合保障制度では、赴任先の健康保険が有効になるまでのつなぎの保険」の対応が可能です。具体的な手順は以下のようになります。

 

▼出発日より海外赴任者総合保障制度の基本プラン(賠償責任保険部分)に加えてオプションプラン(海外旅行保険部分)にご加入いただきます。

 

▼赴任先の健康保険の開始日が決まったら、同日付でオプションプランのみを解約していただきます。

 

▼オプションプランの解約保険料を返金いたします。

 

海外赴任者総合保障制度は、基本プランとオプションプランの2本立てになっていますので、このような対応が可能となります。オプションプランの解約後も、基本プランに含まれる2億円の個人包括賠償責任保険*(通称:個人アンブレラ保険)は有効です

 

他方、一般的な海外留学保険海外駐在保険では、賠償責任保険部分が予めセットプランに組み込まれております。したがって、上記のように賠償責任保険部分を残し海外旅行保険部分のみを解約することができないので、赴任先の健康保険が有効になった後もそのまま保険を継続するか、全解約するか、いずれかを選択するしかありません。

 

*個人包括賠償責任保険:自動車事故による賠償責任や借家人賠償責任をカバーします。


【#92】カリフォルニア大学デイビス校のJビザ保険条件と健康保険(2017年‐18年)(2017.09.04)


 

▼Jビザ保険条件:

 

カリフォルニア大学デイビス校(UC Davis)は、Jビザ保険条件として以下の5項目を指定しております。

 

医療費$100,000/1事故・1疾病以上
Repatriation of Remains$25,000
Medical evacuation$50,000
免責金額$500/1事故・1疾病以内
既往症Reasonableな待機期間後にカバーすること

 


▼J-1 Scholarの健康保険:

 

UC Davisは、ポスドクのポジションではないJ-1 Scholarに対しては、健康保険を用意しておりません。J-1 Scholarは上記Jビザ保険条件を満たす保険を自分で探して加入する必要があります。

 

なお、UC Davisは情報提供の一環として、長年の取引のあるBarney & Barney(保険ブローカー)のStudent Health Advantageプランを紹介しています。

 

ちなみに、Student Health Advantageプランの年間保険料(夫婦+子供2名の4人家族の場合)は以下となります。

 

Standardプラン$10,260
Platinumプラン$17,136

 

 

▼ご提供可能な比較表:

 

UC DavisのJビザ保険条件比較表
Student Health Advantageとの比較表

 

※海外赴任者総合保障制度(海外旅行保険部分)と比較しています。当ホームページから資料請求を頂けましたら無料でご提供いたします。


【#91】米国で車を運転される留学生や赴任者に最適な海外旅行保険は?(2017.08.31)


留学や赴任で米国に長期滞在される方が、AIUの海外旅行保険商品の中でご検討されるのは、以下の4種類の保険ではないでしょうか?

 

海外留学保険
海外出張・駐在保険
米国留学生保険
米国駐在員保険

 

上記の内、①と②には「米国における自動車保険ご紹介サービス」が付帯されていませんので、米国でお車を運転される可能性のある方は、同サービスが付帯されている③と④のプランをお選びいただいた方が宜しいでしょう。

 

さて、③と④には、自動車保険の上乗せ補償としての「個人包括賠償責任保険(通称:個人アンブレラ保険」が含まれておりますが、その「個人包括賠償責任保険」の保険金額は以下となります。

 

米国留学生保険5,000万円
米国駐在員保険1億円

 

弊社でご案内している海外赴任者総合保障制度には、「米国における自動車保険ご紹介サービス」が付帯されていると共に、2億円「個人包括賠償責任保険」が含まれております。

 

同じAIUの海外旅行保険商品でも、それぞれ条件は異なります。米国でお車を運転されるのであれば、2億円の個人包括賠償責任が用意されている海外赴任者総合保障制度がベストフィットではないでしょうか?


【#90】ハーバード公衆衛生大学院のJビザ保険条件と健康保険(2017年-18年)(2017.08.30)


 

▼Jビザ保険条件:

 

ハーバード公衆衛生大学院(Harvard T.H.Chan School of Public Health)は、Jビザ保険条件として以下の7項目を設定しています。

 

医療費$100,000/1事故・1疾病以上
Repatriation of Remains$25,000
Medical evacuation$50,000
免責金額$500/1事故・1疾病以内
既往症Reasonableな待機期間後にカバーすること
自己負担割合25%以下
引受保険会社の格付けA.M. Best rating of“A‐"以上など

 

 

▼J-1 Scholar用の健康保険:

 

ハーバード公衆衛生大学院は、J-1 Scholar用の健康保険を用意していない代りに、Harvard University Student Health Plan(ハーバード大学の学生用の保険)への加入も可としています。

 

また、同時に以下の民間保険プランも案内しています。

 

Compass Benefits Groups(家族用のAtlas Travelを含む)
Wallach & Company
International Scholar Health Insurance Plan (ISHIP)
International Student Protection (ISP)

 

 

▼ご提供可能な比較表:

 

ハーバード公衆衛生大学院のJビザ保険条件比較表
Harvard University Student Health Planとの比較表
上記民間保険プランとの比較表

 

※海外赴任者総合保障制度(海外旅行保険部分)と比較しています。当ホームページから資料請求を頂けましたら無料でご提供いたします。


【#89】テキサス大学オースティン校のJビザ保険条件と健康保険(2017年-18年)(2017.08.28)


 

▼Jビザ保険条件:

 

テキサス大学オースティン校(The University of Texas at Austin )は、Jビザ保険条件として以下の4項目を規定しています。

 

医療費$100,000/1事故・1疾病
Medical evacuation$50,000
Repatriation of Remains$25,000
免責金額$500/1事故・1疾病

 

 

▼J-1 Scholar用の健康保険:

 

テキサス大学オースティン校は、J-1 Scholarに上記Jビザ保険条件を満たす保険への加入を求めていますが、入学時に保険を手配していない場合には、UTstudent health insurance planへの加入も可としています。

 

UT student health insurance planは典型的なPPOプランで、提携医療機関と非提携医療機関利用時の給付条件が明確に異なります。

 

例えば、免責金額は以下となります。

 

提携医療機関$500/保険年間
非提携医療機関$1,000/保険年間

 

また自己負担割合は以下となります。

 

提携医療機関20%
非提携医療機関40%

 

なお、年間保険料は、例えば4人家族(夫婦+子供2名)で$12,686となります。

 


▼ご提供可能な比較表:

 

テキサス大学オースティン校のJビザ保険条件比較表
テキサス大学オースティン校のUT student health insurance planとの比較表

 

※海外赴任者総合保障制度(海外旅行保険部分)と比較しています。当ホームページから資料請求を頂けましたら無料でご提供いたします。


【#88】アリゾナ大学のJビザ保険条件と健康保険(2017年-18年)(2017.08.24)


 

▼Jビザ保険条件:


アリゾナ大学(The University of Arizona)は、Jビザ保険条件として以下の8項目を設定しています。

 

医療費$100,000/1事故・1疾病以上
Repatriation of Remains$25,000
Medical evacuation$50,000
免責金額$500/1事故・1疾病以内
既往症Reasonableな待機期間の設定可
自己負担割合25%以下であれば設定可
交換者訪問者プログラムの研究活動に起因する危険カバーすること
引受保険会社の格付けA.M. Best rating of“A‐"以上など

 

 

▼J-1 Scholar用の健康保険:

 

アリゾナ大学は、J-1 Scholar用にStudent Health Insurance Plan (SHIP)を用意しています。SHIPの最大の特長として、提携医療機関利用時と非提携医療機関利用時で給付条件が極端に異なることが挙げられます。基本的に非提携医療機関の利用は、緊急医療時を除き避けた方が良いでしょう。

 

例えば、免責金額は以下の通りです。

 

提携医療機関利用時$250/年
非提携医療機関利用時$1,000/年

 

また、自己負担割合は以下となります。

 

提携医療機関利用時20%
非提携医療機関利用時50%


なお、年間保険料は、Student/Scholar1名で、$1,875.00となっております。家族の保険料は提示されていません。

 

 

▼ご提供可能な比較表:

 

アリゾナ大学のJビザ保険条件比較表
アリゾナ大学のSHIPとの比較表

 

※海外赴任者総合保障制度(海外旅行保険部分)と比較しています。当ホームページから資料請求を頂けましたら無料でご提供いたします。


【#87】米国州別自動車保険料ランキング(2017年度)(2017.08.21)


Insure.comの2017年度の州別自動車保険料ランキングが公表されましたので、ご紹介いたします。今回も昨年同様に、最も保険料(年間)が高いのはミシガン州($2,394)となりました。保険料は、昨年度($2,738)に比べれば少し安くなっています。

 

最も安いのはメイン州($864)でした。こちらは逆に昨年($808)よりも少し高くなりました。

 

州の順位は以下となります。

※(  )内は2016年度の順位

 

  1位  (1位) ミシガン州 $2,394   

  2位  (4位) ルイジアナ州 $1,921 

  3位(17位) コネチカット州 $1,897 

  4位(10位) ロードアイランド州 $1,848 

  5位  (8位) フロリダ州 $1,840 

  6位  (6位) ワシントンDC $1,696 

  7位  (7位)  カリフォルニア州 $1,673 

  8位(15位) ワイオミング州 $1,538 

  9位(11位) デラウェア州 $1,526 

10位(13位) テキサス州 $1,506 

11位  (5位) オクラホマ州 $1,476 

12位(12位) ジョージア州 $1,440 

13位(19位) アーカンソー州 $1,409 

14位  (3位) ニュージャージー州 $1,375 

15位(14位) ウエストバージニア州 $1,369 

16位(23位) ケンタッキー州 $1,365 

17位(40位) ニューヨーク州 $1,352 

18位(16位) コロラド州 $1,351 

19位(31位) アリゾナ州 $1,348 

20位(28位) ネバダ州 $1,342 

21位  (9位) メリーランド州 $1,327 

22位(25位) ミシシッピー州 $1,326 

23位(22位) ペンシルベニア州 $1,313 

24位(26位) オレゴン州 $1,308 

25位(41位) ハワイ州 $1,294 

26位(29位) ノースダコタ州 $1,291 

27位(18位) サウスカロライナ州 $1,286 

28位(21位) マサチューセッツ州 $1,242 

29位(27位) ミネソタ州 $1,241 

30位(20位) アラバマ州 $1,226 

31位  (2位) モンタナ州 $1,217 

32位(33位) ワシントン州 $1,216 

33位(24位) ニューメキシコ州 $1,201 

34位(35位) カンザス州 $1,192 

35位(34位) テネシー州 $1,186 

36位(42位) イリノイ州 $1,159 

37位(49位) ウイスコンシン州 $1,154 

38位(37位) アラスカ州 $1,132 

39位(47位) ニューハンプシャー州 $1,124 

40位(30位) ネブラスカ州 $1,112 

41位(39位) ミズーリ―州 $1,107 

42位(38位) ユタ州 $1,068 

43位(32位) サウスダコタ州 $1,058 

44位(43位) バージニア州 $1,040 

45位(36位) インディアナ州 $1,021 

46位(44位) アイオワ州 $1,017 

47位(45位) ノースカロライナ州 $1,010 

48位(46位) バーモント州 $948 

49位(48位) アイダホ州 $942 

50位(50位) オハイオ州 $919 

51位(51位) メイン州 $864 

 

「自動車保険料州別ランキング」で表示されている自動車保険料は、標準的な米国人(40才、独身男性、事故歴無し)を条件に算出されており、渡米直後で米国での運転経歴のない日本人の場合はより高額になる可能性があります。

 

弊社でご提供するJALファミリークラブ海外赴任者総合保障制度に自動付帯の「米国自動車保険加入紹介サービス」のご利用をお薦めいたします。


【#86】ペンシルベニア大学のJビザ保険条件と健康保険(2017年‐18年)(2017.08.10)


 

▼Jビザ保険条件:

 

ペンシルベニア大学(University of Pennsylvania)は、Jビザ保険条件として以下の7項目を規定しています。

 

医療費$100,000/1事故・1疾病以上
免責金額$500/1事故・1疾病以内
自己負担割合25%以下
Medical evacuation$50,000以上
Repatriation of Remains$25,000以上
引受保険会社の格付けA.M. Best rating of“A‐"以上など
既往症12カ月の待機期間経過後カバー(滞在期間12か月超の場合のみ)

 


▼J-1 Scholar用の健康保険:

 

ペンシルベニア大学は、2017年8月1日付で、J-1 Scholar用の健康保険としてIMG Basic Planを新たに追加し、J-1Scholar用の健康保険として以下の3プランを用意しています。

 

IMG Basic
IMG Standard
IMG Platinum

 

IMG Basic Planの主な特徴は、以下です。

 

・補償限度額が、J-1 Scholarと家族共に$100,000/1事故・1疾病です。
・免責金額は$250/1事故・1疾病で、医療サービスが必要な時に毎回$250まで保険を使えません。
・自己負担割合は20%です。
・既往症の限度額が、$500/保険年間と極めて低く設定されています。

 

IMG Basic Planは、以上の諸条件の設定故に保険料が驚くほど安くなっています。4人家族(夫婦ともに30代、子供2名)の年間保険料は、以下となります。

 

IMG Basic:$2,760
IMG Standard$7,188
IMG Platinum:$16,884

 

 

▼ご提供可能な比較表:

 

ペンシルベニア大学のJビザ保険条件比較表
ペンシルベニア大学のJ-1 Scholar用保険プラン(3種類)との比較表

 

※海外赴任者総合保障制度(海外旅行保険部分)と比較しています。当ホームページから資料請求を頂けましたら無料でご提供いたします。


【#85】コロンビア大学のJビザ保険条件と健康保険(2017年‐18年)(2017.08.07)


 

▼Jビザ保険条件:

 

コロンビア大学(Columbia University)は、Jビザ保険条件として
以下の8項目を規定しています。

 

医療費$100,000/1事故・1疾病以上
免責金額$500/1事故・1疾病以内
Repatriation of Remains$25,000以上
Medical evacuation$50,000以上
自己負担割合25%以下
既往症待機期間を設定しても構わない
J-1交換訪問プログラムに特有な危険カバーすること
引受保険会社の格付けA.M. Best rating of“A‐"以上など

 

 

▼J-1 Scholar用の健康保険:

 

コロンビア大学はJ-1 Scholar用の健康保険を用意していませんが、同大学のサイトでは、情報提供の一環として以下の民間保険プランが案内されています。J-1 Scholarは、下記の民間保険プランを含め、上記Jビザ保険条件を満たす保険を自ら探して加入する必要があります。

 

Compass Benefits Group
ISO Student Health Insurance
Cultural Insurance Services International (CISI)
International Student Protection (ISP)
International Student Insurance
HTH Worldwide Insurance Services

 


▼ご提供可能な比較表:

 

コロンビア大学のJビザ保険条件比較表
上記6種類の民間保険プランとの比較表

 

※海外赴任者総合保障制度(海外旅行保険部分)と比較しています。当ホームページから資料請求を頂けましたら無料でご提供いたします。


【#84】カリフォルニア大学バークレー校のJビザ保険条件とJ-1 Scholar用健康保険(2017年‐18年)(2017.08.03)


 

▼Jビザ保険条件の変更点:

 

リフォルニア大学バークレー校(University of California, Berkeley:UCB)は、2017年8月1日付で、Jビザ保険条件を一部改定し、下記の既往症規程の②を削除しました。その結果、今後は既往症の補償限度額は不問となります。なお、その他のJビザ保険条件の変更はありません。

 

12カ月間の待機期間経過後は、既往症をカバーすること。
既往症の補償限度額は$100,000/1事故・1疾病とする。

 


▼J-1 Scholar用の健康保険:

 

UCBは、2017年8月1日付で、J-1 Scholar用の健康保険としてIMG Basic Planを新たに追加しました。これで、UCBのJ-1Scholar用の健康保険は以下の3プランとなります。

 

IMG Basic
IMG Standard
IMG Platinum

 

4人家族(夫婦ともに30代、子供2名)の年間保険料は、以下となります。

 

IMG Basic$2,760
IMG Standard$7,188
IMG Platinum$16,884

 

IMG Basicの保険料の安さが際立っています。実はIMG Basicは、UCBのWaiver審査および保険販売委託先であるGarnett-Powers & Associates が格安プランのPatriot Exchange Programをアレンジしたものです。ちなみに、IMG Basicの既往症の補償限度額は$500/保険期間です。

 

そもそも$500の補償が保険と言えるのか甚だ疑問ですが、今後は格安プランでもWaiver申請が通ることになります。但し、格安プランは補償内容が十分でないものが多いので、加入前に利用条件をきちんと確認する必要があるかもしれません。

 


▼ご提供可能な比較表:

 

UCBのJビザ保険条件比較表
UCBのJ-1 Scholar用保険プラン(3種類)との比較表

 

※海外赴任者総合保障制度(海外旅行保険部分)と比較しています。当ホームページから資料請求を頂けましたら無料でご提供いたします。


ダウンロード
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ

インフォメーション

海外赴任者総合保障制度取扱代理店
GLOBAL PROTECTION, LTD.
グローバルプロテクション株式会社

〒213-0001
神奈川県川崎市高津区溝口2-19-25
メゾンコスモス1F
Tel: 044-819-7338
営業時間:9:00~18:00
(土・日・祝祭日を除く)

AIU保険

引受保険会社:
AIU損害保険株式会社
首都圏地域事業本部
東京第3支店 営業1課

〒163-0814
東京都新宿区西新宿2-4-1
新宿NSビル14階

AIUの海外旅行保険 AIUのインターネット海外旅行保険契約はこちら

AIUの海外旅行保険インターネット契約
には【米国自動車保険サービス】は付帯
されておりません。
【米国自動車保険サービス】をご希望の
方は、海外赴任者総合保障制度をご覧く
ださい。

サイトマップ
PAGE TOP