1. ホーム
  2. トピックス

トピックス

【113】JAL海外赴任者総合保障制度とAIUの米国留学生/駐在員保険との最大の違いは?(2017.10.30)


グローバルプロテクションが、米国に留学または赴任される方にお薦めするAIUの海外旅行保険商品は、以下の3種類です。

 

JALファミリークラブ海外赴任者総合保障制度(以下「海外赴任者総合保障制度」といいます)

米国留学生保険

米国駐在員保険

 

お薦めの理由は、以下の2つの特約・特典が付いているからです。

 

個人アンブレラ保険

米国自動車保険紹介サービス

 

 

お客さまから、海外赴任者総合保障制度米国留学生保米国駐在員保険との違いについて、よくご質問をいただきます。

 

最大の違いは? 

 

海外赴任者総合保障制度が、基本プラン(賠償責任部分)とオプションプラ(医療補償部分)の本立になっているという点です。

 

なので・・・ 賠償責任部分のみの契約が可能です。

 

これに対して、米国留学生保険米国駐在員保険賠償責任部分と医療補償部分が一体になっており賠償責任部分だけの契約はできません。

 

ここが最大の違いです!

 

実は・・・この賠償責任部分に個人アンブレラ保険が含まれており、国自動車保険紹介サービスも付帯されています。

 

米国で車には乗るが、健康保険は米国サイドで加入予定という方や、渡米後一定期間を経て米国の健康保険に加入する予定という方にベストマッチなのは、以下の2つの条件を満たす保険です。

 

①始めから賠償責任部分のみの契約ができる。

 

②渡米後、保険期間の途中で医療補償部分を解約し、賠償責任部分だけ継続できる。

 

唯一この2つの条件を満たせるのが、海外赴任者総合保障制度です。


【112】米国行きの国際航空便 搭乗客に対する保安検査を強化‐セキュリティ・ニュースより(2017.10.27)


本日付のGP会員(契約者専用)ページのセキュリティ・ニュースより以下抜粋し、掲載いたします。

 

米運輸保安局(TSA)は26日から、米国行きの国際航空便を対象に乗客の保安検査を強化することを明らかにした。世界100ヶ国以上の空港が対象となり、一日あたり約2,100便に影響が出る可能性がある。

 

新たな保安対策には、搭乗手続きの際、あるいは搭乗口において、搭乗客に対し荷物などに関する保安上の簡単な質問を実施することや、携行する電子機器の検査の強化、空港と航空機の保安検査の強化などが含まれている。爆発物を隠して持ち込むテロを阻止するのが狙いにある。

 

すでに、独ルフトハンザ航空、アラブ首長国連邦(UAE)のエミレーツ航空、仏エールフランス、ノルウェジアン・エア、シンガポール航空、日本航空などが、米当局の要請に従い、搭乗客に対する簡単な聞き取りなどを開始している。

 

また、大韓航空など一部の航空会社は、対応のための猶予をもらい、来年以降の導入になるとされる。各航空会社は搭乗客に対し、保安検査に時間を要するため、少なくとも3時間前に空港に到着するよう呼び掛けている。

 

(コメント:こうした検査の強化は当分続くものと思われることから、米国に渡航する際は、搭乗手続きに今以上の時間がかかることを理解し、余裕を持った空港での搭乗スケジュールで対応すべきだ。また、疑いをもたれるような所持品を持ち込まないといった配慮も必要であり、検査・警備の強化は自らの安心・安全に繋がることを認識すべきだ。)

 

情報提供元:(株)オオコシセキュリティコンサルタンツ 


【お知らせ】AIU損害保険は、2018年1月1日にAIG損害保険になります。(2017.10.26)


世界80以上の国や地域で顧客にサービスを提供しているAIGグループの一員であるAIU損害保険株式会社(以下「AIU損保」)と富士火災海上保険株式会社は、2018年1月1日、合併による経営統合を行い、AIG損害保険株式会社(以下「AIG損保」)として生まれ変わります。

 

日本市場において、AIUが71年にわたり外資系損害保険会社として培ってきた専門性や経験・ノウハウと、富士火災の99年にわたる豊富な経験、全国ネットワークや経営資源・人材等を融合し、一層お客さまのニーズに応え、ご満足いただける商品やサービスをご提供することを目指します。

 

なお、現在ご契約のJALファミリークラブ海外赴任者総合保障制度は、引受保険会社がAIU損保からAIG損保に変更されるだけで、補償内容や取扱い代理店等は全く変わりません。

 

今後ともグローバルプロテクションのJALファミリークラブ海外赴任者総合保障制度を宜しくお願い致します。


【111】AIUの海外旅行保険の「賠償責任特約」を徹底比較!(2017.10.24)


旅行中に偶然な事故により、他人の物を壊したりして損害を与え、法律上の損害賠償責任を負った時に保険金をお支払するのが、賠償責任特約です。

 

【AIUの海外旅行保険商品の賠償責任特約】

 

個人賠償責任
個人賠償責任(長期用)
家族総合賠償責任
個人包括賠償(個人アンブレラ)

 

 

【海外旅行保険商品ごとの賠償責任特約】

※以下に記載の①から④の番号は、上記賠償責任特約の番号です。

 

海外旅行保険(31日まで)
海外留学保険(32日~1年の長期プラン):
海外出張・駐在保険(駐在員用プラン):
米国留学生保険
米国駐在員保険
海外赴任者総合保障制度

 

 

【賠償責任特約の補償範囲の比較】

 

日常生活中の偶然な事故による賠償事故をカバーするのは?:

 

ホテルの部屋や部屋内の動産を偶然な事故により破損させた場合をカバーするのは?:

 

賃貸住宅(アパートなど)の部屋や備え付き動産を、火災、爆発、水溢れ事故で損壊した場合(借家人賠償責任)をカバーするのは?:

 

自動車事故による賠償責任をカバーするのは?:④ 

 

自動車事故時の自己負担額※は?(北米の場合):

家族総合賠償責任US$250,000(対人/対物共通、1事故)

個人包括賠償対人:US$100,000US$300,000(1名/1事故)、対物:US$25,000(1事故)


※上記免責金額(自己負担額)までは、現地自動車保険にご加入いただく必要があります。

 

▼米国自動車保険紹介サービスが付帯されているのは?:

 

  

【結論】

 

米国でアパートを借り、お車に乗られる方は、個人包括賠償が付帯されている保険プランをご選択された方がよいでしょう。但し、個人包括賠償補償限度額は、以下のように保険プランによって異なります。グローバルプロテクションでは、補償限度額が2億円のJALファミリークラブ海外赴任者総合保障制度をお薦めしております。 

 

個人包括賠償の補償限度額:  

米国留学生保険5,000万円
米国駐在員保険1億円
海外赴任者総合保障制度2億円

 


【お知らせ】2018年1月1日よりAIUの海外旅行保険の保険料が改定されます。(2017.10.19)


AIU損害保険の海外旅行保険の保険料が、2018年1月1日以降に保険期間が開始する契約(新規、継続共)より改定されます。

 

これに伴い、JALファミリークラブ海外赴任者総合保障制度のうち、オプションプラン(海外旅行保険部分)の保険料が、2018年1月1日以降の開始分より改定されます。

 

※基本プラン(賠償責任保険部分)は変更なしです。

 

なお、今回の保険料改定は、2016年3月の損害保険料率算定機構の参考純率の引き上げ決定を受けてのものです。保険会社により、実施時期に多少の前後はありますが、損害保険業界一斉の値上げとなります。

 

ちなみに、主だった損害保険会社の保険料改定時期は以下になります。

 

2016年10月:三井住友海上火災保険会社、あいおいニッセイ同和損保

 

2017年10月:ジェイアイ傷害火災保険

 

2017年12月:東京海上日動火災保険

 

2018年1月:AIU損害保険、損保ジャパン日本興亜損保

 

現在グローバルプロテクションでは、資料請求を頂いたお客さまの中で、2018年1月1日以降にご出発予定の方に、保険料改定後の新パンフレットをお渡ししております。


【110】ニューヨーク大学のJビザ保険条件とJ-1 Scholar用の健康保険(2017年‐18年)(2017.10.18)


▼Jビザ保険条件:

 

ニューヨーク大学(New York University:NYU)は、Jビザ保険条件として以下の4項目を提示しております。

  

医療費$100,000/1事故・1疾病以上
Repatriation of remains$25,000
Medical evacuation$50,000
免責金額$500/1事故・1疾病以下

 

NYUは、J-1 Exchange Visitorおよび同行家族に上記条件を満たす保険に米国に到着する前に加入するよう、強く薦めています。

 

仮にJ-1交換訪問者が同条件を満たす保険に故意に加入しなかった場合には、交換訪問プログラムが強制的に終了させられる可能性がありますので、これから医学・研究留学される方は充分にご留意ください。

 

 

▼J-1 Scholar用の健康保険:

 

NYUは、J-1 Scholarに以下の4種類のIPS(International Student Protection)の保険プランを推奨しています。

 

ISP Essential
ISP Basic
ISP Plus
ISP Preferred

 

4つのプラン共に以下2種類の免責金額を用意しており、いずれかを選択して加入するようになっています。

 

提携医療機関利用時$100
 非提携医療機関利用時$500

提携医療機関利用時$500
 非提携医療機関利用時$750
 

 

▼ご提供可能な比較表:

 

NYUのJビザ保険条件比較表
上記4種類のISPの健康保険の比較表


※JALファミリークラブ海外赴任者総合保障制度(海外旅行保険部分)と比較しています。当ホームページから資料請求を頂けましたら無料でご提供いたします。


【109】フロリダ大学のJビザ保険条件と健康保険(2017年‐18年)(2017.10.13)


 ▼Jビザ保険条件:

 

フロリダ大学(University of Florida)は、Jビザ保険条件として以下の7項目を規定しています。

  

医療費$100,000/1事故・1疾病以上
Repatriation of Remains$25,000
Medical evacuation$50,000
免責金額$500/1事故・1疾病以内
J-1交換訪問者プログラムの活動に起因した傷病:カバーすること
引受保険会社の格付けA.M. Best rating of“A‐"以上など
全ての医療機関を利用できること

 

上記条件に加え、既往症の待機期間と25%の自己負担割合の設定も可能とされています。

 

J-1 Exchange Visitorおよび同行家族(J-2)はDS-2019に記載のプログラムの開始日から終了日まで、上記条件を満たす保険への加入を義務付けられています。 

 

仮にJ-1交換訪問者が同条件を満たす保険に故意に加入しなかった場合には、交換訪問プログラムが強制的に終了させられる可能性がありますので、これから医学・研究留学される方は充分にご留意ください。

 

 

▼J-1 Scholar用の健康保険:

 

上記Jビザ保険条件を満たす保険プランとして以下の5種類の民間保険を事前承認しており、同民間保険以外に加入する場合は保険加入証明書の提出を求めています。


なお、保険加入証明書には、同大学のInsurance Verification Form(保険加入誓約書)に記載されている保険条件を全て含むように指示されています。

 

ICS(International Community Service)
ISP(International Student Protection)
ISO(International Student Organization)
PSI(Professional Service, Inc.)
SCI(Scarborough Company Insurance)

 

 

▼ご提供可能な比較表:

 

フロリダ大学のJビザ保険条件比較表
上記の民間保険プランとの比較表SCIの比較表も追加いたしました。)

 

※JALファミリークラブ海外赴任者総合保障制度(海外旅行保険部分)と比較しています。当ホームページから資料請求を頂けましたら無料でご提供いたします。


【108】マサチューセッツ工科大学(MIT)のJビザ保険条件と健康保険(2017年-18年)(2017.10.06)


 ▼Jビザ保険条件:

 

マサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of Technology:MIT)は、Jビザ保険条件として以下の5項目を提示しており、 J-1 Exchange Visitorとその同行家族(J-2)に対して、同保険条件を満たす保険に加入するように指示しています。  

 

医療費$100,000/1事故・1疾病以上
Repatriation of remains$25,000
Medical evacuation$50,000
免責金額$500/1事故・1疾病以下
自己負担割合25%以内

 

なお、MITは、J-1 Exchange Visitorに対して、登録日から30日以内に保険に加入するように指示すると共に、DS-2019申請時とMIT到着時に、所定の保険加入に関する誓約書(Statement of Compliance)の提出を求めています。

 

仮にJ-1交換訪問者が同条件を満たす保険に故意に加入しなかった場合には、交換訪問プログラムが強制的に終了させられる可能性がありますので、これから医学・研究留学される方は充分にご留意ください。

 


▼Affiliate用の健康保険:

 

MITは、Affiliate(Visiting ScholarやPostdoctoral fellow等)用の健康保険としてMIT Student Medical Plan(大学構内の診療所を自己負担なしに利用できるプラン)と、その補完を目的としたMIT Student/Affiliate Extended Insurance Plan(PPOプラン)をセットで用意しています。
 
年間保険料は、家族4名(夫婦+子供2名)で$8,880です。
昨年度は$7,284でしたので、約22%の値上げとなりました。

 

 

▼職員用の健康保険:

 

職員には、以下の健康保険を用意しています。

 

MIT Traditional Health Plan
MIT Choice Plan

 

両プランともHMOタイプですので、利用できる医療機関は、緊急医療時を除きHMO所属のところに限定されます。また、加入時に選択するPCP(かかりつけ医)での初診が義務付けられます。

 

年間保険料は、家族4名(夫婦+子供2名)で以下になります。

 

MIT Traditional Health Plan$7,584
MIT Choice Plan$8,280

 


▼ご提供可能な比較表:

 

MITのJビザ保険条件比較表
MIT Student/Affiliate Extended(J-1 Scholar用)比較表
上記2種類の職員用の健康保険の比較表


※JALファミリークラブ海外赴任者総合保障制度(海外旅行保険部分)と比較しています。当ホームページから資料請求を頂けましたら無料でご提供いたします。


【107】アメリカで一番高い家賃はどこ?(2017.10.05)


2017年4月のZumper National Rent Reportによれば、アメリカの家賃番付のトップ10は以下のようになっております。


※家賃は1ベッドルーム(日本の1LDKに相当)の場合です。

 

①San Francisco, CA:$3,320
②New York, NY:$2,940
③San Jose, CA:$2,260
④Boston, MA:$2,200
⑤Oakland, CA:$2,070
⑥Los Angeles, CA:$2,060
⑦Washington DC:$2,040
⑧Seattle, WA:$1,810
⑨Miami, FL:$1,800
⑩Honolulu, HI:$1,780

 

意外にも、ニューヨークやボストンを抑えて、堂々の1位はサンフランシスコです。3位のサンノゼや5位のオークランドと併せて、いわゆるシリコンバレーの賃料の高さが目立ちます。

 

先日、サンフランシスコ・シリコンバレーエリアで不動産営業をされている大和リビングの方とお会いして、同エリアでの賃貸住宅事情をお聞きいたしました。どうもGoogle、 Facebook、Apple といった大手IT企業に世界中から集まってくる若手エンジニアからの引き合いが多く、それが相場を引き上げている一つの要因になっているとのことでした。また、当エリアでは全体的に賃貸物件が不足気味で、早く抑えないとすぐに決まってしまうとも仰っていました。

 

当地域にこれからご赴任・留学される方にとっては、正直、頭の痛いところです。日本語で、きめ細かなサービスを提供できる日本人の不動産エージェントと渡米前から連絡を取り合い、渡米後すぐに物件選定に動ける体制を作っておく必要があるかもしれません。

 

なお、グローバルプロテクションでは、「お役立ちサポート」に「米国賃貸住宅サポート」を新たに追加すべく、現在準備を進めております。予定滞在地の日本人不動産エージェントをご紹介するサービスです。出来るだけ早くご案内を開始したいと思っておりますので、ご期待ください。


【106】海外旅行保険では、戦争危険は✕、テロ行為は〇です。(2017.10.04)


ここのところ、米朝間での非難の応酬がますますエスカレートし、不測の事態を予想するメディアや評論家も散見されるようになりました。軍事衝突だけは避けて欲しいというのが、日本のみならず世界各国の共通の願望かと思います。

 

さて、もし万が一にも米朝間で戦争となり、その戦争を原因として傷害が発生した場合、海外赴任者総合保障制度を始めとした海外旅行保険ではカバーされるのでしょうか?

 

海外旅行保険の約款では、「戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱その他これらに類似する事変(戦争危険)」を原因として発生した傷害については保険金を支払わない」と規程されています。従って、米朝間で軍事衝突が発生すれば「戦争」状態と見なされるので、仮に北朝鮮のミサイル攻撃により負傷したり、軍事衝突に巻き込まれてしまった場合は、海外旅行保険でカバーされないことになります。

 

なお、「テロ行為」は海外旅行保険では「戦争」と見なされないので、保険の対象となります。例えば、全米を震撼させた2004年9月11日の同時多発テロや最近ヨーロッパで多発するローンウルフによる自爆や車両の暴走等によるテロなどに巻き込まれて負傷した場合は、海外旅行保険でカバーされます。


ダウンロード
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ

インフォメーション

海外赴任者総合保障制度取扱代理店
GLOBAL PROTECTION, LTD.
グローバルプロテクション株式会社

〒213-0001
神奈川県川崎市高津区溝口2-19-25
メゾンコスモス1F
Tel: 044-819-7338
営業時間:9:00~18:00
(土・日・祝祭日を除く)

AIU保険

引受保険会社:
AIU損害保険株式会社
首都圏地域事業本部
東京第3支店 営業1課

〒163-0814
東京都新宿区西新宿2-4-1
新宿NSビル14階

AIUの海外旅行保険 AIUのインターネット海外旅行保険契約はこちら

AIUの海外旅行保険インターネット契約
には【米国自動車保険サービス】は付帯
されておりません。
【米国自動車保険サービス】をご希望の
方は、海外赴任者総合保障制度をご覧く
ださい。

サイトマップ
PAGE TOP