1. ホーム
  2. トピックス

トピックス

保険料が際立って高いHarvard University(ハーバード大学)の健康保険(2017.03.29)


ハーバード大学(Harvard Medical Schoolを含む)のF-1 StudentおよびJ-1 Affiliate用の健康保険の保険料は、かなり高額です。 

 

例えばJ-1 Affiliate(J-1 Visiting Scholar)の年間保険料は、家族4人(夫婦+子供2名)の場合、$29,560(約331万円*)にもなります。 *$1=112円で計算

 

ハーバード大学のJ-1 Affiliateは、同大学のJビザ保険条件を満たすことを条件に他保険への加入も認められていますので、同大学の保険に加入せずに保険料のより安いプランを探して加入される方も多いようです。ここで留意すべきは、世界一医療費が高いと言われている米国で、「安かろう良かろう」という保険を見つけるのは至難の業だということです。

 

これからハーバード大学に留学を予定されている方は、米国の健康保険についての情報収集が必要かもしれません。

 

グローバルプロテクションでは、ハーバード大学のJビザ保険条件比較表および健康保険比較表を作成しております。当ホームページより資料請求を頂きましたら、無料で謹呈いたします。


全米で最も自動車保険料が高いミシガン州の特殊事情(2017.03.23)


米国保険比較サイトのInsure.comで掲載されている州別自動車保険料ランキング(2016年度)によりますと、同条件で比較した場合に、最も保険料が高いのはミシガン州($2,738)で、最も安いのはメイン州($808)となっています。同じ米国でも州によってかなりの差があるのに驚かされます。 

 

ミシガン州は、自動車保険に「PIP(人身傷害)補償:無制限」を含めるよう法律で義務付けています。搭乗者およびその家族の事故時の医療費が無制限でカバーされるので、その分保険料が高額になっているようです。PIP補償を強制としている州は他にもありますが、無制限としているのはミシガンだけです。例えば、フロリダ州のPIPの限度額は$10,000にすぎません。

 

「自動車保険料州別ランキング」を作成しましたので、添付PDFをご覧ください。

 

「自動車保険料州別ランキング」で表示されている自動車保険料は、標準的な米国人(40才、独身男性、事故歴無し)を条件に算出されており、渡米直後で米国での運転経歴のない日本人の場合はより高額になる可能性があります。

 

弊社でご提供するJALファミリークラブ海外赴任者総合保障制度に自動付帯の「米国自動車保険加入紹介サービス」のご利用をお薦めいたします。


University of Pennsylvania(ペンシルベニア大学)のJビザ保険条件(2017.03.14)


University of Pennsylvania(ペンシルベニア大学)のJ-1 Visiting Scholar(無給ポジション)のJビザ保険条件は、米国での予定滞在期間が1年以下か1年超かで異なります

 

ペンシルベニア大学では、予定滞在期間が1年以内の場合にはPre-existing Condition条件が免除されます。予定滞在期間に関わらず、頑なに

Pre-existing Condition条件クリアを要求する他の大学に比べて、とてもリーズナブルな対応と言えます。因みに、ペンシルベニア大学のJビザ保険条件のWaiver審査を行っているのは、UCBやUCSD等からも業務委託を受けているGarnett-Powers & Associates 社です。

 

グローバルプロテクションでは、以下2種類の比較表をご用意しております。

 

①Jビザ保険条件比較表(ペンシルベニア大学 vs 国務省 vs JALファミリークラブ海外赴任者総合保障制度)

②ペンシルベニア大学のJ-1 Visiting Scholar用の健康保険 とJALファミリークラブ海外赴任者総合保障制度との比較表

 

※JALファミリークラブ海外赴任者総合保障制度の取扱代理店は弊社以外にもありますが、保険契約手続き以外にJビザ保険条件の解説や米国健康保険比較表を無料で提供しているのはグローバルプロテクションだけです。


Jビザ保険条件比較表を作成した大学・研究機関(1月ー2月)(2017.03.06)


本年1月から2月にかけてJビザ保険条件比較表を作成した大学・研究機関をご紹介します。

 

Brigham & Women’s Hospital
City University of New York (CUNY)

Duke University

Emory University
Harvard Medical School
Johns Hopkins University

Lawrence Berkeley National Laboratory
Maine Medical Center Research Institute
Mayo Clinic
Scripps Research Institute

Stanford University

UC Berkeley (UCB)

UC Irvine (UCI)

UC Los Angeles (UCLA)
UC Riverside (UCR)

UC San Diego (UCSD)

University of Arizona
University of Colorado
University of Miami

University of Pennsylvania

University of Pittsburgh
University of South Florida

University of Texas Health Science Center

University of Utah

 

JIビザ保険条件は大学・研究機関によって異なります。また、突然条件変更する場合もありますので、これから行かれる大学・研究機関の最新情報をご確認されることをお薦めいたします。

 

詳しくはカスタマーサービスのJビザ保険条件コンサルティングをご覧ください。

 

※Jビザ保険条件比較表作成サービスは、グローバルプロテクションへの資料請求後にご依頼いただけます。


アパート契約時のRenter's insurance(テナント保険)への対応(2017.03.01)


米国でアパートの賃貸契約をする際には、不動産管理会社からRenter's insurance(テナント保険)の加入証明書の提示を要求されます。保険加入証明書と引き換えにアパートの鍵を渡す不動産管理会社も多いようです。

 

グローバルプロテクションでは、ご契約者さまからのご要望に従い、Renter's insurance(テナント保険)対応用の英文保険加入証明書をご用意いたします。

 

不動産管理会社によっては、「Additional Insured」や「Interested Party」等、賃貸契約の際に独自の保険条件を要求してくる場合があります。保険条件が記載されている個所を英文のままメールにてお知らせ頂ければ、JALファミリークラブ海外赴任者総合保障制度で対応できるかどうかを判断させて頂きます


Stanford University(スタンフォード大学)のJビザ保険条件(2017.02.28)


Stanford University(スタンフォード大学)は、以下の3種類のJ-1 Scholarのポジションごとに、それぞれ異なった保険条件を規定しております。また、加入可能な保険も、各ポジションによりそれぞれ異なります

 

  ① Postdoc
  ② Visiting Student Researcher
  ③ Visiting Scholar

 

グローバルプロテクションでは、上記3種類のポジションごとの保険条件をアドバスいたします。また、ご要望に応じてスタンフォード大学の健康保険とJALファミリークラブ海外赴任者総合保障制度との比較表を作成いたします。

 

スタンフォード大学に研究留学予定の方は、是非お問い合わせください。

 

注)保険条件の解説および比較表作成のご依頼は、当ホームページより資料請求を頂いた後にご利用可能となります。


年々厳しくなるUCB、UCSD、UCLA・・・のJビザ保険条件(2017.02.17)


毎年数多くの日本人医師・研究者が留学するUCB、UCSD、UCLA等のカリフォルニア大学のJビザ保険条件は、ここ数年、徐々に厳しくなってきています。

 

同大学が保険のWaiver審査を委託しているGarnett-Powers & Associates社のサイトには、以下の条件が記載されています。

 

Pre-existing conditions must be a covered benefit. The waiting period for benefit coverage cannot exceed 12 months.

Pre-existing conditions must also have a $100,000 per illness medical coverage.  

 

上記保険条件は、他の大学にはないカリフォルニア大学独自の条件となっており、Garnett-Powers & Associates社が、自らが販売する保険への加入率を上げたいという狙いでもあるのかと、つい考えてしまいます。

 

ご要望を頂けましたら、Garnett-Powers & Associates社の保険プランとJALファミリークラブ海外赴任者総合保障制度の比較表※を作成いたしますので、ご依頼ください。

 

※比較表の作成サービスは、当ホームページより資料請求を頂いた後にご利用可能となります。


Jビザ保険条件コンサルティングのご案内(2017.02.06)


 グローバルプロテクションでは、J-1ビザで研究留学される方を対象に、Jビザ保険条件コンサルティングをご提供しております。

是非、ご利用ください。(※全て無料です。)

 

Jビザ保険条件コンサルティングの内容】 

① Jビザ保険条件の解説と比較表作成

   (米国大学 vs 国務省 vs 海外赴任者総合保障制度)

② 保険加入誓約書への対応アドバイス       

③ J ビザ保険条件対応用の英文保険加入証明書の作成

 

注)JALファミリークラブ海外赴任者総合保障制度はグローバルプロテクション(弊社)のみならず他の代理店も取り扱っておりますが、Jビザ保険条件コンサルティングをご利用いただく為には、弊社に資料請求をいただく必要があります。


ダウンロード
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ

インフォメーション

海外赴任者総合保障制度取扱代理店
GLOBAL PROTECTION, LTD.
グローバルプロテクション株式会社

〒213-0001
神奈川県川崎市高津区溝口2-19-25
メゾンコスモス1F
Tel: 044-819-7338
営業時間:9:00~18:00
(土・日・祝祭日を除く)

AIU保険

引受保険会社:
AIU損害保険株式会社
首都圏地域事業本部
東京第3支店 営業1課

〒163-0814
東京都新宿区西新宿2-4-1
新宿NSビル14階

AIUの海外旅行保険 AIUのインターネット海外旅行保険契約はこちら

AIUの海外旅行保険インターネット契約
には【米国自動車保険サービス】は付帯
されておりません。
【米国自動車保険サービス】をご希望の
方は、海外赴任者総合保障制度をご覧く
ださい。

サイトマップ
PAGE TOP